読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/30

TLでたまにパワーメーターのお話しがでるから、導入の経緯や一ヵ月使用しての感想を書く。

パワーメーター導入することを決めた理由は以下の四点。

・実力の把握

・レース強度の再現

・モチベーションアップ

・トレーニング量の管理

 

・実力の把握

学生時代はヤビツのタイムやJCRCで昇格することで能力の向上を確信できていたが、現状それがないこと。

成長しているか退化しているかわからないことが苦痛だった。

 

・レース強度の再現

3分で千切れる強度で1分、5分で千切れる強度で3分、実際レースで使う強度はこれくらいが多いと思う。

その強度の練習がし易い。

レースデータを取ることで更に具体的な練習メニューが組める。

 

登りで自分より強い選手についていけばその手の練習ができるが、そもそも半年近く峠に行っていない。

 

・モチベーションアップ

馬鹿だから数字がでるとたのしい。

 

・トレーニング量の管理

効率よく練習するために、勉強中。

1時間程度のローラーなら毎日やったところで大丈夫な気がする、実走で長距離の練習が入ると変わるが、残念なことに現状でその心配は不要。

多分今程度の練習なら、時間を作れば朝夜で二部練できるはず。

 

 

使用しての感想編。

・実力差の把握

他の人のパワーデータを見ると実力差がなんとなくわかる。

すごいでかい。

CXやホビーレースでJPTやE1上位選手、クラス1や2の選手に蹂躙される中で実力差を痛感していたけど、そう簡単に埋められないことがよくわかる。

 

 

 

・本日の練習編

乗る前に膝のおろしかた意識してスクワット。

 

TSS65~83

 

10分185w

二日もオーバーレスティングした結果かなり余裕もって踏める感じ。

お布団は偉大だ。

 

10分174w

ケイデンス高めで10分。

 

10分208w

7分あたりまで普通に踏んで残り3分で頑張れそうなの頑張った。

2分16秒で261w。

CDC112だから、負荷あげて3分250wができる気がする。

 

転回、バク転。